FC2ブログ

プロフィール

ぜぇママ

Author:ぜぇママ
優雅なパピヨンとのセレブ生活を夢見ていたけど・・
どうしたものか?毎週ジャージでグランドへ通うことに!

お便りは・・tokku_jp2000◎yahoo.co.jp(◎を@に変えてね)まで♪

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事+コメント

カテゴリー

ぜぇくん

2003年5月11日生まれ オカマなぜぇくん  人嫌い・犬嫌いを克服すべくアジスクールへ通うことに。。。本当の名前は「ぜうす」なの・・。笑わないでね(汗)
ぜぇくん

*script by KT*
グランドアジチャン完成!これからはアトラクションで楽しく走ります~。復活してから本当によく頑張りました!!

ひめちゃん

2001年4月25日生まれ ばぁちゃん大好きっ子 気まぐれでお天気屋さん・・典型的パピヨンの性格の持ち主
ひめちゃん

*script by KT*
ぜぇくんの実母 アジパピ目指して5歳から頑張って7年!やっとこさっとこアジCH完成しました~~!!12歳を目前にです。ふぅ~長い道のりだったぁ~。腎臓が悪くなってきました。頑張って日々を過ごしています。

とのくん

2001年6月20日生まれ ひめのお婿さんでやってきました。 2006年9月腎臓片方を癌で摘出、2007年11月肺に転移・・・。
とのくん

ぜぇくんの実父  一番大きな体をしているのに・・一番の甘えん坊。 2008年2月21日、虹の橋を渡りました。6歳と8ヶ月でした。

みやちゃん

2002年9月3日生まれ 腎不全で頑張っていましたが2017年11月12日虹の橋を渡って行きました。15歳と2か月でした。
みやちゃん

なつ&まろのママ  むぎ&きくのおばあちゃん、とってもおっとりさんでした。

なっちゃん

2006年8月19日生まれ 我が家で一番のチビ2.2kg・・だけど、意外と気が強い女の子。母親みやちゃんとの確執が課題。。仲が悪いのよ~。
なつ

*script by KT*
みやの実子(第2子) 2009年7月11日3ベビー(むぎ・わら・きく)無事出産しました♪立派な母でございます~。次女わらちゃんは、新潟のレオママさんちへ養女に行きました。

まろくん

2006年8月19日生まれ 見た目・・とってもフレンドリーですが・・ビビリ犬。
まろ

*script by KT*
みやの実子(第3子) なにも取り得のない子ですが・・逃げ足だけは・・速いっ! なっちゃんの弟でっす。

むぎちゃん

2009年7月11日生まれ。父はぜぇくんの弟、えるさんです。男の子っぽいけど、女の子です~♪
むぎちゃん

*script by KT*
なつの実子(第1子)。2011年ショーでCH完成、2015年12月アジCH完成!だけど・・人前に出るのが苦手なのです・・。次は訓練競技会?いやいや・・無理でしょう・・(笑) とりあえずG,AGCH目指します。

きくちゃん

2009年7月11日生まれ。父はぜぇくんの弟、えるさんです。ぜぇくんにそっくり。
きくちゃん

script*KT*
なつの実子(第3子)、おてんばさんで2回も骨にヒビが入りました~。少し天然です。オナハンでショーチャレンジ目標!!としてましたが・・実現できておりません~。あはは・・。そのうち・・のんびり?只今、フリーター!

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

電話

6年半前に死んじゃったハスキー「ももちゃん」

11年前、1度だけ出産したことが・・。
まだ犬の飼い方もロクに知らなかった頃かも。。



半日かけて・・9匹生んで・・みんなすくすく大きくなって・・・。

知り合いのところへ次々と出て行った。


弟のところへ行った「つきちゃん」は毎日会うから様子がよくわかるけど。。。


他はたまに連絡しあって近況を聞くくらい。





今日、12年前に家を買っていただいた私のお客様のところから電話があった。。

「もも」が死にました・・って。
(新築の家にハスキー・・なんて冒険だと思ったけど・・里子に行ったよ)


うちの「ももちゃん」の名前から「ももたろう」と名づけられたその男の子はとってもかわいがってもらっていた。

12月で12歳になるはずだったのにね・・・。

今年の夏はとびきり暑くて暑さに弱いハスキーには耐えられないと思うよ。。

家の中で飼ってもらっていたけど、やはり『そのとき』は来たのだ。




涙ながらに電話をくださったSさま、今までかわいがってくださってありがとうございました。。

きっと「もも(たろう)ちゃん」も感謝していると思います。

今頃、天国でママに会えてるかな?・・


ペットロスで悲しみが癒えそうにないと言われていたけど・・早く立ち直ってください。
まだあなたのおうちにはネコちゃんもいるんだから!




私もいつかは来る「別れ」を今はまだ考えたくない・・・・・な。


<< ガビ~~~ン | ホーム | 久しぶりじゃん >>


コメント

ももたろうくんのご冥福をお祈りいたします。

別れは辛いですよね。
毎回、ご飯も食えなくなって・・・もう飼わない!
なんて思うのですが、ワンコのいない生活に耐えれず
現在チロルで4匹目。。。

ウチもまだまだ別れは考えたくないけど・・・
何時やってくるか解らないその時まで
悔いの残らぬようにしてあげなきゃ。

ももたろうくんのご冥福を心からお祈りいたします。

別れは辛いです。
話に聞くのも辛いです・・。

かと言ってワンコより飼い主が先になんていける
わけがないので 看取ってあげることがワンコの
幸せなんだと言い聞かせても想像するだけで悲しい気持ちになります。
どうなっちゃうんだろうな。。。


ももたろうくんのご冥福を心からお祈りいたします。

考えたくないですが・・・いつかはやってくることですよねっ!
今でさえ2・3日会えない位でも淋しくなってしまっているのに
別れなんて考えられないです(T_T)
そんときが来たら私たちどうなるんだろ~~

ももたろうくんのご冥福を心からお祈りいたします!

話を聴くだけで悲しくなりますが最後の最後までお世話をしてもらったももたろうくんきっと幸せだったと思います。乗り越えるのは辛いと思いますが乗り越えて欲しいですね・・・

ユキ&ロコがいなくなる・・・今はそんなこと考えたくないけど一日一日大事にしていきたいですね★

ももたろうくんのご冥福を心からお祈りいたします。

いつかは訪れることだと頭では分かっていても
心がついていきません・・・。
1日1日を大事に悔いの無いように過ごしてるつもりだけど
そうなったらいっぱい後悔するんだろうなぁ。

わかります

これは避けては通れない事ですからね。
ご冥福を祈ります!
ペットロスを回避するためには次のコを
迎えるしか方法は無いと思います。
それと多頭飼いもひとつの方法ですね。
ほんの少しですが、マシだと思います。
悲しみに変わりは無いけど・・・。

♪ちゃかさん♪

そうですよね~~~。
私も今まででいえば・・毎回悲しい思いをしてきたけど・・それでもわんこが欲しくなるんですよ!
今の子たちは血縁関係あるからまだまだ次に残しておきたい気持ちもあったり・・・・。
いつまでもわんこと楽しい生活がないとダメですね。
私がもっと年老いたときには新しい子は考えますけど・・ね。
もっとわんこと一緒の生活が続けたいです!

♪みきさん♪

考えただけで・・涙が出そうですが・・まだまだ私も頑張って生きたいと思うわけです!
いなくなったら生きがいがなくなるほどのショックを受けるわけですが・・やっぱりわんこがいない生活は考えられないです!
ウチの子でいてよかった!と、思って欲しいのが飼い主の気持ちですよね!
まだまだ愛情を注ぎたいと思う日々です!

♪レオママさん♪

そのときが・くることを避けて生活していますが・・いつかきっと来るんですよね。
でも後悔したくない気持ちが一杯です。
楽しかったよ~うれしかったよ~って思える犬生を送って欲しい。
また生まれ変わったらうちの子になってね!って気持ちでいます。
まだ先の話だ・・と、思っていても・・いつやってくるかわからないから、毎日いとおしく思っています。

♪ぽんぽこりんさん♪

そうですよ・・ね。なんだか悲しい記事ですけど、精一杯愛情を注いでくれたママさんにとっても感謝しています。ももたろうくんも同じだと思ってます。
ここのママさんは猫ちゃんの飼育は経験豊富でしたけどももちゃんが始めてのわんこで・・やっぱり猫ちゃんとは違う関係が築けたのでしょう・・すごく落ち込んでます。やっぱり・・・猫ちゃんとわんこ・・というのは絆の深さが違うのかもしれません。

♪魅麗さん♪

多頭飼いの魅麗さんならきっと同じ気持ちでしょうね。
案外・・逝ってしまうことの怖さから多頭飼いになっているのかもしれません。
そうすれば・・やっぱり悲しみは少し軽減しますものね。
現実逃避ができますもの。
でもやっぱり涙が出てしまうのは・・・辛いことですね。
しっかり見守って最期まで見届けたいです。

♪Bruiserさん♪

そうですね。なんだかこの記事をUPして昨日は返事を書くのが辛くて放置しました・・・。
今も考えると涙が出てきます・・。愛情一杯注いでもらっていたことがうれしいのと・・来るべきときが来たのか・・という悔しさと・・。
でも犬生を全うしてくれました。
愛情を一杯もらっていたと思うと飼い主さんに感謝せずにはいられません。
うちの子にも「ありがとう!」と思ってもらえるよう愛情一杯注ぎたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP